キーワード:  

マイクロラーニング

説明:   スマホ等のデジタル端末に慣れた現在の受講者は情報の出入が昔のそれに比べてはるかに激しい。いたずらに受講時間が長く情報量が多いeラーニングコンテンツは受講者の記憶に残らない。このことからコンテンツの単位を極めて短くし、少量の情報を多頻度にわたって提供する手法をマイクロラーニングと呼ぶ。例えばビデオ媒体でコンテンツが提供される時、望ましい受講時間は長くても数分とされる。
参考リソース:   Five Examples Of Great Video-Based Training
PUTTING A FACE ON TRAINING
GRABBING THE LEARNERS ATTENTION
eラーニングプラットフォーム「C1-HRD」のホームページへ